アートセッションやワークショップの様子など

沢山書いていますので覗いてみて下さい☆


読者登録も是非お願いします♪


★絵描き屋KISA★

KISAアートの歴史がここに☆出会いは宝もの (土, 20 1月 2018)
    庵治のH様邸に 0号アートをお届けにいってきました。   庵治石彫刻デザインご依頼から 10年以上になるお付き合いです。       東京個展での作品やら 白衣観音さまのオーダー     ここからは歴史的な作品が↓   5月の個展会場近くのホピ村での個展で展示した 2003年頃てんつくマンとのコラボ作品       もう10年前からの作品も 大切にかざってくださっていて まさにKISAアートの歴史が ここに息づいています。   東京WSで大好評だった 2012年頃のキラキラアートや     小林正観さんの本の挿絵も♡ このやわらな絵を観たい人も いるんじゃあないですか??   パワフルな作品もいいけど こんな絵が似あう場所もあるし   私はこの絵もだいすきなんですよ~~   手元において楽しめる 小さい絵もすごくうれしいし♡     と、パステル画からの作品を 大切にしてくださっているHさんから 次回の個展のヒントをいただきました。     ディープな作品がうまれてきそうな 勢いなのですが その一方で こんな世界もあるんですよ~っていう・・・     ほっとできるスペースもあっていいのかな       個展会場がやたら広いので 未公開のパステル画も展示可能です。   制作間に合うのか~~っていうくらい (´-ω-)´   次回個展にご意見ご要望などあれば ぜひメッセージくださいね!!           絵を見ながら 素敵な珈琲ブレイクでした。 ご縁は宝物です。   明日のWSはみかうさカフェでお出会いしたひとが 何人もご参加くださいます。   どんな作品が生まれるのでしょう。 とても愉しみです。 ■イベントのお知らせ 3/4静岡☆冠雪富士と早春の大地WS  お申し込み・お問い合わせはこちら
>> 続きを読む

お正月が二度やって来た☆ (金, 19 1月 2018)
    今年も書く書く詐欺になっている 絵描き屋☆KISAブログです(´-ω-)´   ワークショップもあさって~~↓ 1/21 さぬき☆龍神WS前回のレポ 13:30~16:30   三木町文化交流プラザ2F    ご覧の通りに 次男が帰ってしばらくしてから 長男の帰省でした・・・   ☆   毎日欠かさず腹筋ローラーで鍛えているらしいのですが 柔軟性もだいじですぞと 私がチャレンジ中の 家ヨガをやらせております(笑)     オンライン受講で細かく学んでいることを そのまま口伝えして   じぶんでモノにしています   上の画像は初日 これは二日目ですが もうこんなにやわらかくなっていますねー。 さすが若い。   もちろん次男にも 毎日覚えさせて 東京に返しました(笑)   若いのでのみ込みが早く 二日目にしてこのアーサナ     冠婚葬祭にしか帰省できてなかった長男が 一週間まとまった里帰りができたのは はじめてのこと   そりゃあ毎日の料理もがんばりましたよ(笑)   積もる話もあれこれありながら   ドラムサポートで 他バンドの曲を 譜面に書き下ろして覚えるという 気の遠くなる作業をしています。     自分の腕一本で暮らしていくことの すばらしさもきびしさも 十分味わいきっていて   まだ20代だというのに この濃いい人生・・・     兄弟ふたりして 安定とか安泰とかいうものから およそ遠いところにいますが   若いときの苦労は 買ってでもしたほうがよい 彼らの伸びしろをみていると 実感します     そして帰京の当日は 法然寺境内の大人気 「龍雲」うどんミッション うどんのコシはMAXおすすめ   仏生山という地名にぴったりなスポットです。   長い階段を上がると 空気感が違います   長男が生まれたのは北九州でした。 子どもは田舎で育てたいと 転勤族から足を洗って 孟母三遷でした。   なのでしっかりと田舎を満喫して 癒されて帰りました(笑) 仏生山町一面が見渡せる 大好きなマイパワースポット   5~6月には 庵治半島の瀬戸内海が見渡せる 歯ART美術館で個展開催なのです。   そしてなんと、5/4に 長男はドラムサポートで 高松ライブにやってきます。   個展ついでにV系ライブ観戦という 選択もありますよ~(笑)   龍神アートワークが終わったら 個展に向かってエンジン全開です。   ワークもまだお席ありますよ♡   ■イベント情報・クリックしてね■ 1/21 さぬき☆龍神WS 13:30~16:30    三木町文化交流プラザ2F  3/4  静岡☆冠雪富士と早春の大地WS      お申し込み・お問い合わせはこちら
>> 続きを読む


アトリエ・スペーステラ